• これまでと違うiphone8

    iphone8はガラス素材を使用したものになり、より耐久性の高いフレームが採用されるということです。

    iphone8の発売日について分かりやすくまとめてあります。

    ガラスを多く使った本体となりそれを強度のある素材で覆っています。


    iphone7で採用されている防水機能もiphone8ではより高いものになります。

    iphone8は画面の端にあるベゼルがなくなって全面がディスプレイになります。

    毎日新聞の情報もあります。

    ホームボタンもなくなるために本体の大きさはかわりませんが、画面を大きくすることができるようになり5.8インチのモデルもあります。


    その画面には有機ELディスプレイを採用するということになり、これは画面の端まで表示することができます。
    有機ELディスプレイにはいくつか特徴があり、発光ダイオードを使用して自ら光る機能のため、画面を表示するためにバックライトが必要ないということで本体を薄くすることができるようになります。
    またバックライトがないということで電池の消耗も抑えられます。


    カメラには3Dカメラ技術が採用されるということで立体的な画像撮影が可能になります。バッテリーの容量もアップするということになりますが、宮殿する方法がワイヤレスで行うことができます。
    急速充電に対応しているということで本体をワイヤレス充電器の近くに置いておくだけで充電されます。



    プロセッサもA11プロセッサーになり処理能力がより向上されることになります。認証機能は指紋認証の機能も引き継ぐことになりますが、ホームボタンはなくなるため本体の背面で行うことになります。

    他にも生体認証機能が追加されることになります。